メタボは生活習慣の改善とサプリで~ダメダメタボ~

美容

リンゴ型肥満を治そう

メタボ、という言葉を聞いたことがある人も多いですが、このメタボは、メタボリックシンドロームの略称です。よく耳にするメタボですが、間違った意味で捉えている人が多いです。最近では太っている人のことを、メタボと言うケースが多いですが、太っているからメタボ、ということでは無いのです。メタボリックシンドロームは、日本語で内臓脂肪症候群といます。これはどういう病気かというと、複数の病気があったり、複数の異常が重なってたりする状態のことです。内臓脂肪が蓄積されると、ただ太っているだけではなく、高血圧、糖尿病、高脂血症などの複数の生活習慣病を発生さえてしまうのです。この状態になってしまうと、動脈硬化の進行を早めてしまうのです。それぞれの病気になっていない場合でも、予備軍の状態で重なっている場合でも要注意なのです。これが、メタボということなのです。テレビや本などで取り上げられる理由は、危険性が高いからです。太っているだけではメタボにはならないのです。

太っている人のことを肥満と言います。その肥満は大別して2つに分けることができます。内蔵型と皮下脂肪型です。内臓脂肪型は、内蔵の周りに脂肪が溜まるタイプです。それに対して皮下脂肪型は、腰回りやお尻などの下半身に脂肪が溜まるタイプのことです。前者はお腹が出る体型になるのでリンゴ型肥満、後者は洋なし型肥満と呼ばれることもあります。メタボは、内臓脂肪型に属します。お腹がぽっこり出ている人は、メタボを疑った方が良いでしょう。

メタボになってしまうと、重篤な病気にかかりやすくなってしまうので、すぐに対策をした方が良いです。対策をして、なるべく早く改善することが重要です。改善するためには、まず日頃の生活習慣に気をつけるべきです。適度な運動、食生活の見直しなどできることから始めると良いです。メタボ改善を目的としたサプリメントなどもあるので、それらを活用して改善していきましょう。